Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

過去の催し物

 

過去の催し物

Inserire i parametri per la ricerca

【講演会】「レオナルド・ダ・ヴィンチ 女性たちの”秘密”」

【講演会】「レオナルド・ダ・ヴィンチ 女性たちの”秘密”」

2019 年 9月 20 日

「レオナルド・ダ・ヴィンチ 女性たちの”秘密”」 レオナルド・ダ・ヴィンチは一般に、模範的ルネサンス人と認められている。つまり、多面性をもつ芸術家かつ科学者であり、あらゆることに関心を抱くと同時に理解しようとした。レオナルドの人生が今もなおこれほど我々の興味を引くのは、他でもなく、長きにわたる認識の探究の端緒を、他の誰よりもうまく体現し得たからである。そういった探究は、ルネサンス期以来人間活動の中でますます中心的役割を果たしてきた。レオナルドにとって芸術と科学は切っても切り離せないものであった。特に絵画は、光学や幾何学の分野で得られた知見が反映されると、それ自体が科学となるのである。 レオナルドの絵画作品の中には、技巧を駆使した野心的なものがある。《最後の晩餐》や《アンギアリの戦い》、あるいは大型の宗教画や神話画がそれである。しかし、様々な作品を総体的にみると、興味深いある特徴がある。中心となる女性の存在である。レオナルドはいくつも肖像画―モデルがはっきりしているものもあれば、未だ論争の的であるものもある―を描いているが、男性を描いたものはそのうちで《若き音楽家の肖像》一点のみである。 レオナルドの絵作品に注目すると、絵画であれデッサンであれ女性を描いたものの中には、なにか特徴的なものがある。画家とモデルの間になにか不思議なつながりが築かれたかに思われる場合もある。例えば、チェチリア・ガッレラーニの肖像画である。この肖像画では、レオナルドは個人的な好みもあり、この若い女性の特徴のうち、とりわけ、より隠れた曖昧な面を探り、描き出そうとしている。女性の姿を描くことに並々ならぬ関心を抱いていたレオナルドを掻き立てたのは、まさにこの面だったに違いない。あるいは、彼の描く女性は常に裸体のジョコンダ《モンナ・ヴァンナ》の場合と全く変わりないというわけではないかもしれない―この絵は、おそらくレオナルド自身手を加えたが、多くの人から彼の愛人と考えられている弟子のサライによって製作された可能性のある作品であり、そこには若い青年のような顔立ちで一糸まとわぬ乳房を晒す女性が描かれている―。こうした女性肖像画(もちろん《モナ・リザ》も含む)は、各々秘密やストーリー、ちょっとした謎を隠し持っている。レオナルドはこうした謎によって、時を経てなお我々を魅了しようとしたのであろう。 I...

PAM 展覧会・ワークショップ『Summer World』

2019 年 9月 01 日2019 年 9月 16 日

ローマのアートな遊び場が高浜にやってくるローマ国立現代美術館の展覧会を逆輸入 9月 1 日(日) 13:30ワークショップ・パフォーマンスCarlo Gori:演出・キューレーター新聞女:新聞ドレス制作体験、ファッションショー高田雄平:ローマからつながる新聞紙に書いたメッセージをつなげるアート制作体験Tomy:白い襦袢に墨や絵の具で描くワークショップと試着体験oneness:和太鼓+篠笛演奏 宮本光信 寺嶋祥郎 糸艶子 9月...

Play Art Meme ローマ凱旋展

Play Art Meme ローマ凱旋展

2019 年 8月 21 日2019 年 9月 04 日

今年6/18-31にイタリア ローマのMACRO ASILOで開催されたPlay Art Memeの展覧会の凱旋展がGallery8で開催されます。 主催者...

レナータ・アルロッティ ギターリサイタル

レナータ・アルロッティ ギターリサイタル

2019 年 7月 30 日

「ギター界の新星の中でも、並外れて顕著な天分に恵まれている」(オスカル・ギリア) 日時:7月30日(火)開場...

L’Età Imperfetta - Imperfect Age Kadoma International Film Festival 2019

"L’Età Imperfetta - Imperfect Age" Kadoma International Film Festival 2019

2019 年 7月 24 日2019 年 7月 28 日

ウリッセ・レンダーロ(Ulisse Lendaro) 監督の『L’Età Imperfetta - Imperfect Age』 が門真国際映画祭2019 (7月24日から28日開催)の海外映画部門に出品します。 "L’Età...

【展覧会】 『ウィトルウィウス的女体図』 アデーレ・チェラウド

【展覧会】 『ウィトルウィウス的女体図』 アデーレ・チェラウド

2019 年 7月 22 日2019 年 7月 29 日

『ウィトルウィウス的女体図』 会期 7月22日(月)~7月29日(月)7月22日(月)18:00 より オープニングイベント(完全招待制)   7月22日よりボールペン・アーティスト、アデーレ・チェラウド(Adele...

Laboratorio in didattica dell’italiano come lingua straniera

2019 年 7月 18 日

Titolo: Insegnare l’italiano a “tribù” di studenti Si pensa che, per incrementare le possibilità di sopravvivenza, per 100.000 anni gli esseri umani siano stati organizzati in piccole tribù. Ciò avrebbe spinto il cervello a evolversi in organo sociale: l’interazione con altri cervelli è diventata indispensabile...

【展覧会】オペラ・ウーニカ ~ ミラノ縁の4人のアーティストたち

【展覧会】オペラ・ウーニカ ~ ミラノ縁の4人のアーティストたち

2019 年 7月 09 日2019 年 8月 07 日

7月9日(火)~27日(土)、大阪-ミラノ姉妹都市提携企画『ミラノ・ジーニアス』の公式プログラムとして、ミラノ縁の4人のアーティストの作品がイタリア文化会館-大阪の「スパツィオ・アルテ」で展示されます。...

【講演会】「イタリアにおける人間とインダストリー4.0 “第4次産業革命”」

【講演会】「イタリアにおける人間とインダストリー4.0 “第4次産業革命”」

2019 年 7月 09 日

トリノ工科大学タティアーナ・マザーリ准教授による公開講演「イタリアにおける人間とインダストリー4.0...

【講演会】宣教師「シドッチ」の顔ー江戸キリシタン屋敷までの足取りを追う

【講演会】宣教師「シドッチ」の顔ー江戸キリシタン屋敷までの足取りを追う

2019 年 7月 08 日

2014年、東京文京区の「切支丹屋敷跡」から出土した人骨はイタリア出身の宣教師「シドッチ」のものと判明、その人物像にあらためてスポットライトが当てられた。江戸時代中期の日本に潜入して捕らえられ、6代将軍の侍講新井白石から尋問を受けたジョヴァンニ・バッティスタ・シドティ(1667-1714)は、ヨーロッパの歴史・地理・風俗に関する情報やキリスト教の教義を伝えた。それらは白石の『西洋記聞』に納められたことでも知られている。 本書は、イタリアでの徹底的な調査を元に、新資料の発見も加えた初の伝記研究である。シドティの人となりや日本までの足取りを追い、彼の姓名や生没年月日をはじめ、教会での立場や肩書等についての様々な背景を紹介しながら、その全体像に迫る。 著者マリオ・トルチヴィア(Mario...

マルゲリータ・ガネーリ講演会「イタリア系アメリカ文学」入門

マルゲリータ・ガネーリ講演会「イタリア系アメリカ文学」入門

2019 年 7月 07 日

講演者:マルゲリータ・ガネーリ(カラブリア大学教授) 通訳・司会:栗原俊秀 会場:立命館大学衣笠キャンパス...

マッシモ・マルケーゼ

マッシモ・マルケーゼ

2019 年 7月 05 日2019 年 7月 10 日

タイトルが暗示するのは謎、その謎で有名なのがレオナルド・ダ・ヴィンチである。プログラムの楽曲を融合するのはあらゆる形態の愛である。豪華な貴族の宮廷でも、それに劣らず洗練された教養ある庶民の私邸の環境でも、音楽が広く実践された時代、つまり16世紀のイタリアの旅へと聴衆を誘う曲なのだ。そんなルネサンス時代の空間のどこかに忍び込むごとく、声、フルート、リュートが過去の最も魅力的なレパートリーから1曲を生き返らせ、楽曲が語りかける愛の物語を蘇らせる。リュートの響きの華奢な透明度と声の清らかさが融合してまるで魔法のごとく協調する。同じく繊細なその響きは、日常と夢のバランスを取りつつ、洗練された官能のストーリーを語る。優美さと詩情のお手本と言えるのは、マントヴァのイザベッラ・デステのお気に入り音楽家、カーラとトロンボンチーノのフロットラ(世俗歌曲)である。当時イタリアで開花した様式の進化は、音楽と詩との新たな関係を表現する洗練さが絶頂に達したアルカデルト、ヴェルデロット、ヴィラールトのマドリガーレによってしっかりと表現される。 器楽において16世紀の最も偉大な器楽奏者の一人であり、リュートの演目では絶対的に最高の演奏家であった「神のごとき」フランチェスコ・ダ・ミラノのファンタジアとリチェルカーレが際立つ。 トリオコンサート 6月20日 アサコムホール(大阪) 6月22日 ほしぞら公民館(沖縄) 6月24日 おおぶ文化交流ホール ”allobu” (大府) コンサート 6月28日 イタリア会館・福岡(福岡) 7月3日 カワイホール(大阪) 7月5日 日伊協会(東京) 青山石川 記念ルーム 201 7月7日 Lingua...

【リュートリサイタル 】「 愛だけがそれを私に思い出させ」

【リュートリサイタル 】「 愛だけがそれを私に思い出させ」

2019 年 7月 03 日

【リュートリサイタル 】「 愛だけがそれを私に思い出させ」※6月7日(金)満席となりました。現在キャンセル待ちです。 レオナルド・ダ・ヴィンチ時代の音楽 日時:7月3日(水)開場...

【JAZZ】 『ステッキ&マレット』 マルコ・パカッソーニ・デュオ

【JAZZ】 『ステッキ&マレット』 マルコ・パカッソーニ・デュオ

2019 年 7月 02 日

MARCO PACASSONI International Tour Marco Pacassoni: vibrafono - Enzo Bocciero: pianoforteマルコ・パカッソーニ(ヴィブラフォン)...

クラウディオ・パンターナ & akari 展覧会 ENEA MATERIAL & COLOR

クラウディオ・パンターナ & akari 展覧会 "ENEA MATERIAL & COLOR"

2019 年 6月 29 日2019 年 7月 01 日

2014 年はじめてミラノにて出会ったClaudio Pantana と、少しずつゆっくりと作り進めてきた「ENEA_MATERIA...

マッシモ・マルケーゼ・ルネサンス・トリオ大阪公演『目に見えない表現~ダ・ヴィンチ時代の音楽』

マッシモ・マルケーゼ・ルネサンス・トリオ大阪公演『目に見えない表現~ダ・ヴィンチ時代の音楽』

2019 年 6月 20 日

タイトルが暗示するのは謎、その謎で有名なのがレオナルド・ダ・ヴィンチである。プログラムの楽曲を融合するのはあらゆる形態の愛である。豪華な貴族の宮廷でも、それに劣らず洗練された教養ある庶民の私邸の環境でも、音楽が広く実践された時代、つまり16世紀のイタリアの旅へと聴衆を誘う曲なのだ。そんなルネサンス時代の空間のどこかに忍び込むごとく、声、フルート、リュートが過去の最も魅力的なレパートリーから1曲を生き返らせ、楽曲が語りかける愛の物語を蘇らせる。リュートの響きの華奢な透明度と声の清らかさが融合してまるで魔法のごとく協調する。同じく繊細なその響きは、日常と夢のバランスを取りつつ、洗練された官能のストーリーを語る。優美さと詩情のお手本と言えるのは、マントヴァのイザベッラ・デステのお気に入り音楽家、カーラとトロンボンチーノのフロットラ(世俗歌曲)である。当時イタリアで開花した様式の進化は、音楽と詩との新たな関係を表現する洗練さが絶頂に達したアルカデルト、ヴェルデロット、ヴィラールトのマドリガーレによってしっかりと表現される。 器楽において16世紀の最も偉大な器楽奏者の一人であり、リュートの演目では絶対的に最高の演奏家であった「神のごとき」フランチェスコ・ダ・ミラノのファンタジアとリチェルカーレが際立つ。 Nadia...

【セミナー】 Lo zen nella vita di tutti i giorni  「日常禅」

【セミナー】 "Lo zen nella vita di tutti i giorni"  「日常禅」

2019 年 6月 16 日

イタリア人やイタリア語を勉強されている日本の方に向けた座禅セミナー。 2013年に出版された「...

カルロ・フィエレンス ギターコンサート in 堺

カルロ・フィエレンス ギターコンサート in 堺

2019 年 5月 29 日

堺市との共催で、イタリア人実力派ギタリスト:カルロ・フィエレンスのコンサートを開催いたします。 ※...

阪急交通社共同開催イベント

阪急交通社共同開催イベント

2019 年 5月 24 日

5月24日(金)、イタリア文化会館-大阪では、阪急交通社とコラボレーションし3つの特別イベントを開催。イタリア語レッスンを皮切りにイタリア美術、映画を通して、より深くイタリア文化に触れられる一日です。 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。   ◆ 楽しい入門イタリア語レッスン講師:イタリア文化会館-大阪 フランチェスカ・カイアッツォ 氏 時間:5月24日(金)14:15~15:30 ご予約はこちら   ◆ レオナルド・ダ・ヴィンチの痕跡 ~イタリアの美術館を心から楽しむコツ~講師:京都大学名誉教授  斎藤...

レーモ・アンツォヴィーノ ピアノコンサート

レーモ・アンツォヴィーノ ピアノコンサート

2019 年 5月 23 日

「ノクターンin大阪」 レーモ・アンツォヴィーノは、ナポリ出身の両親のもと1976年にポルデノーネに生を受け、レーモ・アンツォヴィーノは、24歳のときに由緒あるボローニャ大学を優秀な成績で卒業しました。彼は、無声映画の傑作作品(30作品以上)のための音楽を作曲し、最も栄えあるいくつものシネテークと協働、また、自らの作曲のサウンドトラックによって、主要な映画祭や数々の国際的なコンクールに参加しました。 彼は、現代器楽界で最も有力かつ革新的な代表的人物のうち一人だと評されており、近年では、ヤマハ・アーティストの一門のうちに数えられました。また、国際アルバム「Nocturne」(ノクターン)では、エモーショナルな叙述を通して、人間の孤独を、そして同時に人生の美しさや今日の現実にみられる数々の矛盾の物語を奏でる試みを行っています。 ピアノ・ソロの未発表作品を集めた彼の最初のアルバムが2006年の「Dispari」(奇数)、次いで2008年の「Tabù」(タブー)、2010年の「Igloo」(イグルー:エスキモーの家)と続き、2012年には最後のアルバムとなる「Viaggiatore...


456