Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

過去の催し物

 

過去の催し物

Inserire i parametri per la ricerca

映画で観るトリノ「はじまりの街」上映会

映画で観るトリノ「はじまりの街」上映会

2022 年 9月 11 日

令和4年度名古屋トリノ姉妹都市事業 名古屋の姉妹都市であるトリノを舞台とした映画を通じて、トリノの街の雰囲気とその社会背景を知っていただくための鑑賞会を開催します。...

ボローニャ国際絵本原画展2022

ボローニャ国際絵本原画展2022

2022 年 8月 13 日2022 年 9月 25 日

...

EUフィルムデーズ2022

EUフィルムデーズ2022

2022 年 5月 28 日2022 年 8月 31 日

欧州連合(EU)加盟国の在日大使館・文化機関が提供する作品を一堂に上映するユニークな映画祭です。20回目の節目を迎える本年はEU加盟全27カ国が参加し、EUが重視する文化的多様性と社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン:社会的に弱い立場にある人を排除・孤立させることなく、共に支え合う社会)をテーマとした作品を中心にお届けします。各国の近作・話題作を通じて、EU各国の魅力をぜひご体験ください。   イタリア上映作品「わたしはダフネ」 監督:...

Riso: Italia e Giappone - workshop online

Riso: Italia e Giappone - workshop online

2022 年 5月 27 日

Il riso è un elemento importante della cultura del cibo in Italia e in Giappone, dove gioca un ruolo primario in...

イタリア映画祭2022 - 大阪

イタリア映画祭2022 - 大阪

2022 年 5月 14 日2022 年 5月 15 日

今年もイタリア映画祭-大阪を開催します。 今回上映するのは、2021年以降に製作された日本未公開の新作7本です。...

【KYOTOGRAPHIE 2022】マイムーナ・ゲレージ展『Rûh|Spirito』

【KYOTOGRAPHIE 2022】マイムーナ・ゲレージ展『Rûh|Spirito』

2022 年 4月 09 日2022 年 5月 08 日

もはや京都の風物詩となった「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」は今年、第10回を迎えます。 その記念すべき回に、多方面で活躍するセネガル系イタリア人アーティスト:マイムーナ・ゲレージの展覧会を開催します。 「Rûh」はアラビア語で「霊」を意味します。本展では、「Rûh」が「ルーツ」という言葉と組みあわされています。対立する概念を並べて提示することで、イタリア系セネガル人アーティストのゲレージは「美的融合主義」の観点から西洋・東洋・アフリカ・アラブ世界の宗教的・神話的象徴、その伝統と伝説を探索しています。彼女が目指しているのは、文化・社会・言語・民族・宗教にまつわるバリア(障壁)の超越です。ゲレージは、セネガルでスーフィズムの教えと巡り会い、イスラム教に改宗しました。そんな己の内面の変容を世に伝えたいという思いがゲレージを世界との出会いに向かわせ、彼女の絵画・彫刻・パフォーマンス・映像・写真・インスタレーション作品のすべてに通じたテーマとなっています。本展は鑑賞者を新たな意識の次元へと没入させ、日常が非日常となり、非日常が日常となる、緊張の続くメタフィジカルな不安定状態へと導く一本の道のりとして構想されています。 日時:2022年4月9日~5月8日(休館日:4/14、4/21、4/28)10:00...

開館記念特別展:モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─

開館記念特別展:モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─

2022 年 4月 09 日2022 年 7月 18 日

ヨーロッパ絵画の巨匠、イタリアはリヴォルノ生まれのアメデオ・モディリアーニ(1884–1920)は、1906年にフランスに渡り、パリでパブロ・ピカソや藤田嗣治など当時活躍していた画家たちと親交を深めたり、既知を得たりしました。祖国イタリアで学んだ堅実な絵画技法をもとに、芸術の都パリで個性的な作風を確立し、生涯に多くの肖像画を描きました。モディリアーニによる人物像はアーモンド型の眼や細長い首をもち、内面的な本質を鋭く捉えます。わずか35歳で命尽きるまで精力的に描いた作品群は、世界中で今なお愛好されています。モディリアーニは、国境を越えて人々の普遍的な関心をひく画家であるといえるでしょう。本展では、国内外で所蔵されるモディリアーニ作品を中心に、同時代のパリを拠点に繰り広げられた新しい動向や多様な芸術の土壌を示し、モディリアーニ芸術が成立する軌跡をたどります。 モディリアーニと20世紀前期のパリで開花した芸術は、新時代の幕開けを迎える躍動感に満ちています。その豊かな醍醐味を、新たな船出を迎えた大阪中之島美術館でお楽しみください。 会期:2022年4月9日(土)–...

“Non ho sentito gridare nessuno” di Giuseppe Carrieri

“Non ho sentito gridare nessuno” di Giuseppe Carrieri

2022 年 1月 26 日2022 年 2月 20 日

2022年の国際ホロコースト記念日を機に、外務・国際協力省がジュゼッペ・カッリエーリ監督の短編映画「Non...

京都ヒストリカ国際映画祭/「インフェルノ」特別上映会

京都ヒストリカ国際映画祭/「インフェルノ」特別上映会

2022 年 1月 23 日2022 年 1月 30 日

ダンテ没後700年記念  チネテカ・ディ・ボローニャ - ボローニャ復元映画祭、京都ヒストリカ国際映画祭との連携による特別上映会   『インフェルノ』(1911年ミラノフィルム)は、詩聖ダンテ・アリギエーリの『神曲』の「地獄篇」をもとに当時の技術の粋を集めて製作されたイタリア最初の長編映画です。 薄暗い森で迷子になった詩人ダンテ、煉獄山の頂の救いの光に向かう彼に貪欲、傲慢、色欲の獣が立ちはだかる・・・地獄のイメージ、恐怖とバイオレンスを当時最先端の特撮技術と幻想的なモンタージュを駆使して表現した記念碑的作品を、2007年にイタリアのボローニャにあるシネテーク「チネテカ・ディ・ボローニャ」が同シネマテークのラボラトリー「リマジネ・リトロヴァータ」でデジタル復元し、ダンテ没後700年にあたる2021年のボローニャ復元映画祭で上映しました。 その作品を、今回は楽士:鳥飼りょうさんのピアノの生伴奏とともにご紹介します。 また、上映後のビデオアフタートークでは、チネテカ・ディ・ボローニャのカルメン・アッカプート女史が「インフェルノ」およびチネテカ・ディ・ボローニャの活動について語ります。     インフェルノ 監督 フランチェスコ・ベルトリーニ、ジュゼッペ・デ・リグォーロ、アドルフォ・パドヴァン...

第13回京都ヒストリカ国際映画祭:「小さな聖女」上映会/ビエンナーレ・カレッジ・シネマ・セミナー

第13回京都ヒストリカ国際映画祭:「小さな聖女」上映会/ビエンナーレ・カレッジ・シネマ・セミナー

2022 年 1月 23 日2022 年 1月 30 日

ヴェネツィア・ビエンナーレ - ビエンナーレ・カレッジ・シネマ、京都ヒストリカ国際映画祭...

第13回 京都ヒストリカ国際映画祭

第13回 京都ヒストリカ国際映画祭

2022 年 1月 22 日2022 年 1月 30 日

世界の時代劇をテーマにした映画祭「京都ヒストリカ国際映画祭」が1月22日~30日まで、京都文化博物館とオンラインで開催されます。 イタリア文化会館-大阪は、京都ヒストリカ国際映画祭...

【講演会】アレッサンドロ・ヴァリニャーノと異文化紹介の理念

【講演会】アレッサンドロ・ヴァリニャーノと異文化紹介の理念

2022 年 1月 15 日

南島原市-キエーティ市友好都市提携5周年記念講演会   アレッサンドロ・ヴァリニャーノと異文化紹介の理念天正遣欧使節の「対話録」が語るもの 1580年代から1600年ごろにかけてアレッサンドロ・ヴァリニャーノ(Alessandro...

熊野-ソレント姉妹都市提携20周年記念:ダニーロ・レア&ルチャーノ・ビオンディーニ ライブ

熊野-ソレント姉妹都市提携20周年記念:ダニーロ・レア&ルチャーノ・ビオンディーニ ライブ

2021 年 11月 29 日2022 年 3月 31 日

熊野-ソレント姉妹都市提携20周年記念特別プログラム 熊野市(三重県)とソレント市(ナポリ県)は長い歴史と海に面した美しい風景を持つ観光地で、レモン・オレンジなどの柑橘類栽培、木工生産といった産業などの面で共通する点が多いことから、2001年11月29日に姉妹都市盟約が締結され、今年20周年を迎えました。このWEBコンサートは、新型コロナウィルス感染症の拡大で日伊間の往来が難しい中、観光業に大きな打撃を受けたソレント市と熊野市をインターネット上でつなぎ、共にコロナ禍を乗り越え、友情と交流を深めていこうと企画されました。...

ビデオ講演会:アマルフィのコラトゥーラ

ビデオ講演会:アマルフィのコラトゥーラ

2021 年 11月 22 日2021 年 12月 31 日

第6回 世界イタリア料理週間   チェターラ市のコラトゥーラは、古代ローマ時代のガルムに起源を持つと言われている魚醤ですが、スローフード協会の保護品目として認定されてから世界中に知られる調味料となり、ついに昨年、DOPを取得するに至りました。そして、今年の4月に仕込みを始めたコラトゥーラDOPは来年1月に私たちの台所に登場することになるでしょう。これは、イタリアの昔ながらの漁村が残る小さな町の、小さな産品による町おこしのお話です。 ▶視聴ページ:https://eventionline.net/artist_video/s246/   石田...

ビデオ講演会「ダンテ、イタリア語と大阪」

ビデオ講演会「ダンテ、イタリア語と大阪」

2021 年 11月 11 日2021 年 12月 31 日

第21回世界イタリア語週間特別後援 イタリア共和国大統領 700回忌をむかえ、ここ関西の地でも様々なダンテ関連企画が進行している。ダンテへの関心の高まりは、実は今回がはじめてではない。100年前の没600年記念の際に、すでに現在を凌ぐ盛り上がりが大阪でみられていたのである。1921年9月14日、大阪朝日新聞社内の大広間にて開催のダンテ講演会に、1500をこえる参加希望が寄せられ、入場を600で打ち切ったという。こうしたダンテ熱の高まりはどこからきているのか。日本におけるダンテ受容の起点を、明治半ばの文人や知識人を取り巻く精神的・政治的状況にみつつ、その流れに沿って解き明かしてみたい。 ▶視聴ページ:https://eventionline.net/artist_video/s239/ お話:星野...

【イタリアン・デザイン・デー2021】喜多俊之&ジルダ・ボヤルディ『素敵な暮らしとデザイン』

【イタリアン・デザイン・デー2021】喜多俊之&ジルダ・ボヤルディ『素敵な暮らしとデザイン』

2021 年 11月 10 日2021 年 12月 31 日

「イタリアン・デザイン・デー2021」を記念し、「黄金コンパス賞」(Premio Compasso d'Oro)受賞者である、喜多俊之氏とジルダ・ボヤルディ氏のWEB講演会を開催します。 新型コロナウィルス感染症の影響で、私たちの生活の仕方、デザインについての考え方に変化が訪れました。以前に比べて自宅で過ごすことが多くなり、いろいろな「モノ」がより身近になった今日、心地よい空間をつくるデザインの重要性も増しました。 そこで、世界で活躍する日本を代表するプロダクトデザイナー:喜多俊之氏と、イタリアの有名デザイン雑誌『インテルニ』(Interni)のディレクターで「FuoriSalone」の発案者でもあるジルダ・ボヤルディ氏という日伊のデザインのマエストロが、これからの「素敵なくらし」と「デザイン」について語ります。   喜多俊之...

Tags:

Design

南島原-キエーティ友好都市提携5周年記念イベントスケジュール

2021 年 11月 08 日2021 年 12月 31 日

今年、南島原市とキエーティ市は友好都市提携5周年を迎えます。それを記念して、南島原・キエーティ両市の協力のもと次のイベントを開催します。(すべて無料) 1)WEBコンサート「ラウス・ヴェリス ライブ」・オンライン配信(2021年11月8~) 視聴リンク:https://eventionline.net/artist_video/s236/ 2)ダヴィデ・ファビアーノシェフのビデオお料理教室「子羊肉ラグーソースのキタッラ アブルッツォ風」...

南島原-キエーティ友好都市提携5周年記念:ラウス・ヴェリス ライブ

南島原-キエーティ友好都市提携5周年記念:ラウス・ヴェリス ライブ

2021 年 11月 08 日2022 年 3月 31 日

南島原-キエーティ友好都市提携5周年記念特別プログラム 南島原市とキエーティ市の交流の歴史は大変古く、1579年、キエーティ市出身で、イエズス会の宣教師であったアレッサンドロ・ヴァリニャーノが肥前国...

イタリア学会2021 国際ダンテ・シンポジウム 今、ダンテを問う―詩人没後七〇〇年・学会創立七〇年を記念して―

イタリア学会2021 国際ダンテ・シンポジウム 今、ダンテを問う―詩人没後七〇〇年・学会創立七〇年を記念して―

2021 年 10月 24 日

イタリア学会2021 国際ダンテ・シンポジウム今、ダンテを問う―詩人没後七〇〇年・学会創立七〇年を記念して― 【日時・場所】 日時:2021年10月24日(日)9:00~18:00場所:京都産業大学...


456