Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

紙芝居『レオくんとナポリ湾』

日程:

21/03/2018


紙芝居『レオくんとナポリ湾』

レオくんとティナちゃん
ナポリ湾のラブ・ストーリー
ナポリの曲「ロ・グアッラチーノ」(17世紀作者不明)から

<イントロダクション>  なぜこの物語?
古いナポリのカンツォーネ「ロ・グアッラチーノ」が日本向けに物語として語られます。
17世紀に作られた作者不明の曲でナポリ湾に住んでいる2匹の魚のラブストーリーを語ります。
日本の子供たちにこの物語を紹介できる事は大変うれしく思います。なぜならこの物語と学校でもうすでに子供たちが習っている曲(オー・ソレ・ミオ、帰れソレントへ、サンタ・ルチア、フニクリ・フニクラ)をミックスして伝えることでこの曲の発祥の地ナポリについてもっと理解を深めて頂くことができるからです。
そしてこれらの曲がスピード感のある良いリズムの会話が繰広げられるコンテンポラリーなスタイルの物語として語られ、物語の主人公たちは彼ら独自の性格を持つぴったりな役割を演じます。
この物語の結論はありません。エンディングはオープンエンディングで締めくくることによって、読者に判断を委ねます。エピソード2ではヒーローたちが第2の冒険を体験する事でしょう。
これは一般の人々が、この物語を大きなイラストのパネル展示を見る事ができる広いスペースでのエキシビション(水族館、デパート、イタリアンフェアetc)としてまたは劇場(ナレーターの朗読、オーケストラのナポリタンソングの演奏)のフォーマットとして考えられました。
このエンターテイメントと教育的なプログラムのプロダクションは子供から大人まで皆さんが楽しめるものです。

<主人公たち>
レオくん
レオくんはこの物語の主人公。レオくんはロマンティックな魚でガールフレンド募集中。アドベンチャーが大好きで勇敢な魚。体は小さいが怖いものなし。チロくんは親友だが時々一緒にいるのが耐えられなくなってしまう。

チロくん
チロくんはレオくんの親友。チロくんはタコなのに海の中にいるのがイヤで、別な生き物になりたいと考えている。レオくんの面倒をいつもみているが、レオくんにはうるさがられていつも怒られている。

ティナちゃん
ティナちゃんはギターを弾いて歌うのが好き。レオくんから恋されている。ソレント出身、ナポリで夏休みを楽しんでいる。しかし恋には興味がないと彼女自身は言っている。

ヴァヴィア
海の深いところに住んでいる魔女魚。彼女は他の魚のすべての事について何でも知っている。レオくんもティナちゃんのハートをつかむために彼女に相談をもちかける。

アガタちゃん
アガタちゃんはおしゃべりな貝。岩にはりついて、見た全ての事をみんなにおしゃべりしている。時々これが危険なことに。

ドン・ミミ
マフィアまぐろ。危険な魚。ティナちゃんの元カレでレオくんのライバル。力づくで何でも手に入れる。レオくんと対決するのだが…

フニクリとフニクラ
不器用なウツボの二人組。ヴァヴィアのガードマンたち。

<物語>
レオくんはガールフレンド募集中。卵から同じ日に孵った他の魚たちにはみんなガールフレンドがいるのに、彼だけ見つからない。彼の友達のチロくんはレオくんと遊びたいのに、レオくんは一人でいたいから、彼を追い払う。その時美しい歌声が聞こえてくる。その声の持ち主こそがティナちゃん。レオくんはチロくんに「あれは誰?」と尋ねるが、チロくんは「忘れた方がいいよ。だって、彼女はドン・ミミの元カノだもん。」と答える。
でもレオくんは頑固です。彼女と絶対デートしたいと思いました。チロくんはレオくんに海の深い底に住んでいる魔女ヴァヴィアに助けをお願いするように提案する。
そしてこの2人の友達同士は無謀な旅へと旅立つことに。あとちょっとで辿り着きそうなときにヴァヴィアのガードマンのフニクリとフニクラに邪魔される。ヴァヴィアの家は古い沈没船です。
チロくんがトリックを使ってフニクリとフニクラの気を散らしている間に、レオくんはヴァヴィアに話しを聞いてもらう。彼女はレオくんの手助けを約束した後ティナちゃんの所へ行き、レオくんとのデートの約束をとりつける。
しかしおしゃべりな貝アガタはこれを全部聞いた後、ドン・ミミの所へ行き全てを話す。ドン・ミミはこれを聞いて激怒し、家にある武器全部(ナイフ、ピストル、大砲、爆弾、刀etc)を持ち出し、小さな魚レオくんと対決するために広場に向かう。しかしレオくんは彼の前でも恐れることはなかった。ほどなくするとドン・ミミの友達と、ヴァヴィアに連れられてきたレオくんのサポーターたちとの間でけんかが始まる。
チロくんは怖くなって隠れてしまうが、レオくんはドン・ミミと対決する気が満々です。しかしティナちゃんはレオくんをこの場から連れ出し、大きな貝の中に2人で隠れて守ってもらいます。
そして…

日時:2018年3月21日 11時~学生・家族を対象、14時~学校・教育を対象

会場:名古屋城中・孔雀の間 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

※ 先着45名・入場無料・要予約(booking@gigiderrico.com

 


<キャスト/スタッフ>

ジジ・デッリーコ
1968年生まれ。日本では2005年より文化・アート・音楽プロダクションを手掛ける。
名古屋のイタリア村で3年仕事をし、その後2012年7月までイタリア語文化センター、チェントロ・イタリアの校長を務める。現在京都外語大学イタリア語学科でコンメディア・デッラルテの講義を受け持つ。
プロデューサーとしてイタリアの様々な機関で仕事をしている。(イタリア大使館、イタリア総領事館、イタリア文化会館-東京、大阪、イタリア貿易振興会など)日本の機関(豊田財団、名古屋市、大阪御堂筋フェスティバル、東京浅草イタリアンフェア)、会社(JET,リゾートトラスト、イオン、アピタ、阪神、伊勢丹、丸栄、JR大阪)とのコラボレーションを行う。
アーティストとして表現したコンメディア・デッラルテと広場のカンツォーネのパフォーマンスについて京都外語大学、金城大学にて講義を行う。

スチュアート・オー
テレビ出演、CMナレーター、アニメ声優、映画俳優、歌手、ラジオDJやイベントMC。。。沢山の顔を持つパフォーマー/エンターテイナー/声優、神出鬼没変幻自在「スチュアート・オー」。
10年以上『プレキソ英語』、『ハピー英語』、『コーパス100で英会話』などを含めてNHK EテレやNHKラジオに出演し続けています。現在出演中のNHK Eテレの小学生向け英語教育番組『プレキソ英語』には 2014年からレギュラー出演中となり、早口コーナーや歌コーナー、そして番組のアニメコーナー『スシタウン』(英語版&日本語版)の主人公「ツナ」の声優で大活躍中。その他に子供向けアニメや英語教育エンターテイメント作品やメディア出演、子供向け・ファミリー向けイベントライブ出演も多数。日テレ『ぐるナイ』や『TKO☆黒船ジャパン』など民放放送バラエティ番組出演も多数。性格俳優としてヒット映画『ジャッジ』や『しんぼる』を含めて日本のメジャー映画出演や『X FLAG PARK 2016』を含めてイベント内上映映像主演、CM『スズキ ソリオ 「秘密のソリオ3 コードネーム」篇』主演など、一風変った個性のある役を演じる作品も多数。大塚製薬『UL・OS』、KIRIN『午後の紅茶』、リクルート『ホットペッパービューティー』、『三井住友銀行』などを含めてを国内外放送中CMナレーション作品が多数。キャリアー全体は100以上のテレビCM、ラジオCMやウェブCMナレーションを担当。声優としてアニメ『リトルハローキッティ』に男子全役を演じ、『BANDAI NAMCO』など複数の大手ゲームメーカーの作品にも出演中。ニュース通信社ダウ・ジョーンズとアメリカの大手テレビネットワークのひとつNBCが共同設立したニュース専門放送局『CNBC』、『NHK WORLD』(国際放送)や『WAKU WAKU JAPAN』など、日本の話題を海外に配信するレギュラー番組のナビゲーターやナレーション、吹替ナレーション、番宣ナレーションが多数。

フロリアーナ・ダッモーラ
ナポリ出身・イラストレーター
ソレント美術学校を卒業後、Suor Orsola Benincasa大学(ナポリ)で現代美術史を学び、その後ナポリ・コミックスクールを首席卒業。
現在、イラストレーター兼イベントキュレーターとして活躍中。
パエストゥムのテイルズフェスティバルではイベントキュレーターの他にも展示カタログの制作も行う。
その他、Cabaret Bizzarre of Zurichのポスターの制作など多数のプロジェクトで活躍。

Informazioni

Data: 2018 年 3月 21 日

主催 : ジジ・デリーコ、イタリア文化会館-大阪

入場 : 無料


Luogo:

名古屋城中・孔雀の間

798