Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

『イタリアの手法』ミケーレ ベヌッツイ チェンバロコンサート J. S. バッハ Ch. グラウプナーの作品なか

日程:

16/10/2018


『イタリアの手法』ミケーレ ベヌッツイ チェンバロコンサート J. S. バッハ Ch. グラウプナーの作品なか

J. S. バッハ Ch. グラウプナーの作品ほか

http://www.eum.ac.jp/

Michele Benuzzi(ミケーレ ベヌッツイ)ロンドン王立音楽院で演奏家ディプロマ取得。2003年第17回国際古楽コンクール〈山梨〉チェンバロ部門3位。1995年から2002年までフランスのアヌシーにて、Dスカルラッティ/チェンバロ・ソナタ全曲演奏プロジェクトに参加。ピリオド楽器による器楽アンサンブル「アルコメロ」を成立、バロック時代から古典派までの室内楽を主なレパートリーとして、各地で演奏を行う。イタリアのレーベルLa Bottega Discanticaより、「CPh.E.バッハ/チェンバロ協奏曲」、「W.F・バッハ/シンフォニア&協奏曲集」リリース、いずれも高い評価を得る。最新CDとしては、日人リコーダー奏者の太田光子と共に「ヴィヴァルディ/リコーダ&フラウティーノ協奏曲集」をリリース、レコード芸術誌特選盤に選出。

また、ソリストとしてもCDを多数リリース。エジンバラ、ラッセル・コレクション所蔵のチェンパロJ.A.ハッセ(1764年)を用いて「D.スカルラッティ/ ソナタ集」(La Bottega Discantica)、「ハンブルグ1705年〜18世紀のチェンバロ音楽」(London Independent.Records、D.ドゥルケン1730年使用)はInternational Record Review誌にて特選盤に選出。Brilliant Classicsより、「J.Wヘスラー:スラープッチド集」(R.フォークナー1773年使用)をリリース、アメリカ合衆国のFanfare誌にて最高の評価である五星を獲得。Brilliant Classicsから、6枚セットの「J.ベンダ:室内楽曲と歌曲集」、J.Ch.Nichelmannのソナタ、J・W・へスラー曲集がリリースされた。その表現力と音色の美しさが高く評価され、ソリストとしてヨロッパ、アジア、オーストラリア、ニュージーランドにソリストとして招聘されている。

エリザベト音楽大学ザビエルホール

チケット:2000 円

お問い合わせ イタリア文化会館 大阪 06 6229 006

 

Informazioni

Data: 2018 年 10月 16 日

Orario: Alle 18:30

主催 : Istituto italiano di Cultura di Osaka, イタリア文化会館ー大阪

協力 : エリザベスト音楽大学, Elisabeth University of Music

入場 : 有料


Luogo:

Elisabeth University of Music Hiroshima, エリザベト音楽大学

952