Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

【JAZZ】 『ステッキ&マレット』 マルコ・パカッソーニ・デュオ

日程:

02/07/2019


【JAZZ】 『ステッキ&マレット』 マルコ・パカッソーニ・デュオ

MARCO PACASSONI International Tour

Marco Pacassoni: vibrafono - Enzo Bocciero: pianoforte
マルコ・パカッソーニ(ヴィブラフォン) - エンツォ・ボッチェーロ(ピアノ)

マルコ・パカッソーニの国際ツアーが遂に日本に上陸します。相方のエンツォ・ボッチェーロとともに作曲したオリジナルな楽曲の他、チック・コリア、パット・ミスニー、ディジー・ガレスピー、フランク・ザッパやオリヴァー・ネルソンなどの幅広い名曲、幅広いジャンル;ジャズからフュージョン、スィングからラテンを奏でるヴィブラフォンがステージの主役として輝くコンサート内容です。

二人が繰り広げる“インタープレイ”は10年以上、途切れずに共演しながら磨き抜いた演奏スタイルです。進化するデュオ演奏は“マルコ・パカッソーニ・カルテット”で共にに3枚のオリジナルアルバムを誕生させたほか、去年リリースされたフランク・ザッパとルース・アンダーウッドへのオマージュとなる4枚目の“Frank&Ruth”で培った経験に基づいています。

特に注目したいのは、2015年に発表されたアルバム“Happiness”、アメリカのジャズ・ライター、ブレント・ブラック氏に同年のベスト・アルバムとして掲げられ、Itunes Chartにも長く連載された実績をもち、さらにアルバム“Grazie”は『Jazz Profile』のスティーブン・チェッラ氏に“音楽体験として非常に有意義であるアルバム”とも讃えられました。

ミラノのブルー・ノート、ローマのカザ・デル・ジャズを始め、イタリア国内外の多くのジャズ・フェスでの出演を誇るマルコ・パカッソーニのプロフィールを紹介します。

MARCO PACASSONI(プロフィール)

ペザロ市のG.ロッシーニ音楽院とボストンのバークリー音楽院を優秀な成績で卒業する。
ゲイリー・バートン、エド・サインドン、ヴィクトル・メンドーザ、ダニエレ・デ・グレゴリオ、エギー・カストリッロ、ジョン・ラムセ、スティーブ・ウィルクスのもとで学ぶ。
2005年にキッコ・ベティナルディ賞で最優秀ジャズタレント賞を優勝する。 ミシェル・カミロ、アレックス・アクナ、ホラシオ・ヘルナンデズ、スティーブ・スミス、ジョン・ベク、アミク・ゲラ、トレント・オースティン、イタルバ、ゲリソン・フェウェル、山中千尋、パルティド・ラティノ、マリカ・アヤン、ラファエル・グアラッツィ、フランチェスコ・カフィーソ、マッシモ・マンツィ、マルコ・ヴォルペ、マッシモ・モリコニ、フィリッポ・ラッタンツィ、ダニエレ・ディ・グレゴリオ、アレッサンドロ・リストロ、パオロ・ベッリ、ブンガロ、ルカ・コロンボ、チェザレ・キオード、など様々なアーティストとステージを分け合った。

カルテットのリーダーとして4つのアルバム(”Finally", "Happiness", "Grazie" と"Frank & Ruth")をリリースしている傍ら、打楽器の講師としてアンコーナ市のリナルディニ音楽高校、ウルビーノ大学、サンアントニオのテキサス大学、そしてヴィブラフォンのマスタークラスをオバーリン音楽大学、ミネアポリス大学、コルンブス大学、クリーブランド大学などで教鞭をとる。

2014年にはRodavia Edizioni より調和と作曲のマニュアル本『そろそろ歌でも書こうかな』が出版される。

日時:7月2日(火)18:00開場 18:30開演
場所 : ROCK TOWN (あべのQ'sモール4階)
住所:〒545-0052大阪府大阪市あべの筋1丁目6-1 4階

入場:演奏会無料・要予約 * 入店時ドリンク代(600円~)が必要です

※ ご予約・お問い合わせ:info.iicosaka@esteri.it
ご予約は、件名に ① 7月2日ジャズコンサート と、記載したうえ
上記メールアドレスまで、メールにてお名前(ふりがな)、電話番号を記載のうえ、お申し込みください。

Informazioni

Data: 2019 年 7月 02 日

Orario: Alle 18:30

入場 : 無料


1090