Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

イタリア学会2021 国際ダンテ・シンポジウム 今、ダンテを問う―詩人没後七〇〇年・学会創立七〇年を記念して―

日程:

24/10/2021


イタリア学会2021 国際ダンテ・シンポジウム 今、ダンテを問う―詩人没後七〇〇年・学会創立七〇年を記念して―

イタリア学会2021 国際ダンテ・シンポジウム
今、ダンテを問う―詩人没後七〇〇年・学会創立七〇年を記念して―

【日時・場所】

日時:2021年10月24日(日)9:00~18:00
場所:京都産業大学 壬生校地
むすびわざ館 3-A教室
(会場参加は学会員のみ・要予約)
オンライン同時開催/録画配信予定

主催:イタリア学会
共催:京都産業大学外国語学部
後援:イタリア文化会館-大阪

クリックでPDFを表示

【参加方法】

イタリア学会員は、事前申込の上( dante2021giappone@gmail.com )、当日会場参加できます。またZoomにより、当日リアルタイムでシンポジウムを視聴いただけます。Zoomのリンクは、学会事務局よりシンポジウムの2日前までにメーリングリストを利用してお伝えします。また10/26頃に、録画(2週間ほど限定公開)を視聴できるリンクを、同じく学会事務局よりメーリングリストを利用しお伝えします。一般の方は、シンポジウムの録画を視聴いただけます。メールにてお申し込みいただいた方には、10/26頃、録画(2週間ほど限定公開)を視聴するためのリンクを返信いたします。 ダンテ・シンポジウム準備委員会( dante2021giappone@gmail.com )に宛てたメールの「件名」に「ダンテ・シンポジウム視聴希望」、「本文」に名前と(あれば)所属をご記入ください。

【プログラム】

9:00-9:10 開会の辞(藤谷道夫)

午前の部 「ダンテ研究の現在」 司会 藤谷道夫
9:10-9:30 飯嶌剛将 ペトラルカのダンテ観―«ille nostri eloquii dux vulgaris» (Sen. V. 2. 30)解釈に向けて―
9:30-9:50 田中真美 「著者が我らに訓ずるのは…」:ボッカッチョと共にダンテ『神曲』を読む
9:50-10:20 藤谷道夫 『神曲』最大の矛盾に挑む ~ 煉獄篇第22歌113 ~
10:20-10:40 星野 倫 哲学について語るときダンテがしようとしたこと
10:40-10:50 休憩
10:50-11:30 サイモン・ジルソン ダンテと中世の科学(録画、伊語発表、和訳あり)
11:30-12:10 ラウンドテーブル「世界のダンテ受容―翻訳の歴史」
長谷川悠里 原 基晶 ジェイコブ・ブレイクスリー(録画、伊語発表、和訳あり)
司会:菊池正和
12:10-12:40 質疑
12:40-12:45 挨拶 小林 満(京都産業大学副学長)
12:45-14:00 休憩

午後の部 「越境するテクストの旅と記憶」 司会 村松真理子
14:00-14:10 趣旨説明(村松真理子)
14:10-14:30 河村英和 20世紀前半のダンテにまつわる絵葉書の多彩性と愛国プロパガンダ
14:30-14:50 大崎さやの 18世紀におけるダンテ批評―ヴェネツィアの文人達とダンテ―
14:50-15:10 大黒俊二 ダンテとフランチェスコ会聖霊派―「清貧」と「貪欲」をめぐって―
15:10-16:00 ラウンドテーブル 「ダンテのテクストにおける古代・中世と現代性」
浦 一章 日向太郎 司会 村松真理子(オンライン・ライブ)
16:00-16:10 休憩
16:10-17:00 クラウディオ・ジュンタ 今日ダンテを注解する(オンライン・ライブ、和訳あり)
17:00-17:30 質疑
17:30-17:45 閉会の辞

※ 詳細およびチラシのダウンロードはこちらをクリックください

Informazioni

Data: 2021 年 10月 24 日

Orario: Dalle 09:00 alle 18:00

主催 : イタリア学会、京都産業大学外国語学部

協力 : イタリア文化会館-大阪

入場 : 無料


Luogo:

京都産業大学 壬生校地 むすびわざ館 3-A教室

1309