Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

エンツォ・アヴィタービレ『アコーステォイック・ワールド』

日程:

22/02/2022


エンツォ・アヴィタービレ『アコーステォイック・ワールド』

プローチダ 「イタリア文化首都2022」記念 WEBコンサート

イタリア南部のナポリ湾に浮かぶ小さな島「プローチダ」(イタリア・カンパニア州ナポリ県)が2022年の「イタリア文化首都」になりました。それを記念し、ナポリ出身のサックス奏者/シンガーソングライター/作曲家のエンツォ・アヴィタービレの独占WEBコンサートをお届けします。

プローチダは1994年の大ヒット映画『イル・ポスティーノ』の舞台となった、カラフルな家が立ち並ぶ漁業の島で、近年では観光にも力を入れてきました。日本でも日本旅行業協会(JATA)の「ヨーロッパの美しい村30選」に選ばれたり、JAXA宇宙飛行士の野口聡一さんのTwitter上で、宇宙から撮影したプローチダ島の写真とともに「ネコの形をした島」「ナポリ湾の宝石」として紹介されたりしました。

WEBコンサートの視聴は、こちらをクリックしてください。 

 

出演
エンツォ・アヴィタービレ(ヴォーカル/サックス他)
エミディオ・アウシエッロ(パーカッション)
ジャンルイージ・ディ・ファエンツァ(ギター)

 

エンツォ・アヴィタービレ
1955年3月1日ナポリ生まれのサックス奏者/シンガーソングライター/作曲家。幼くしてサックスを始め、7歳で初めて人前で演奏。その後、ナポリ音楽院をフルートで卒業。
アヴィタービレの最初のレコーディング経験は、ピーノ・ダニエレの1stアルバム「Terra mia」(1977年 EMI)に参加した1970年代半ばまで遡る。その数年後、エドアルド・ベンナートの2枚のアルバム「Uffa! Uffa!」と「Sono solo canzonette」でも演奏した。
1982年、アルバム「Avitabile」でソロデビュー。同作にはナポリのバンド「Showman」のヴォーカルでアヴィタービレの友人のマリオ・ムゼッラに捧げた曲「Dolce Sweet M」も収録されている。そのサウンドの方向性は、南イタリア・ナポリの伝統音楽に根ざしたものであったが、それでいながらアメリカのブラック・ミュージックに強い影響を受けていた。そうした音楽スタイルは、その後の数年間にさらに洗練されていくこととなる。初期の大ヒット曲の中に、1986年のアルバム「S.O.S. Brothers」の収録曲「Soul Express」がある。
1990年代には、より実験的な活動に注力した。ランディ・クロフォードと「Leave Me or Love me」をデュエットしたり、ジョルジアに楽曲を提供したり、また、ラップ・ミュージックにも注意深く関心を寄せるようになった。
2000年代には、アルバム「Sacro Sud」(2006)で聖楽を取り上げるなど、より多様なジャンルの音楽に取り組んだ。2009年、アルバム「Napoletana」で、テンコ賞の「方言による最優秀アルバム賞」を受賞。2012年には、アヴィタービレの代表的アルバムのひとつ「Black Tarantella」をリリース。この作品には、ピーノ・ダニエレ、フランコ・バッティアート、ボブ・ゲルドフ、マウロ・パガーニ、Co’ Sangなど錚々たるアーティストが参加している。そして今日までずっと、アヴィタービレは南イタリア音楽の最重要アーティストの一人として確固たる地位を保持している。
2018年、初めてサンレモ音楽祭に出場し、ペッペ・セルヴィッロとのデュオで「Il coraggio di ogni giorno」を披露した。
アヴィタービレは、ジェームス・ブラウン、ティナ・ターナー、マーカス・ミラー、リッチー・ヘブンス、ランディ・クロフォードといった日本でもお馴染みのビッグ・ネームたちとも共演している。
2012年、「羊たちの沈黙」で有名なアメリカの映画監督ジョナサン・デミは、アヴィタービレのドキュメンタリー映画を製作し、その作品はヴェネツィア国際映画祭で上映された。
2017年、アヴィタービレは、映画「Invisibili」(エドアルド・デ・アンジェリス監督)のサウンドトラックでダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を受賞。

Informazioni

Data: DA 2022 年 2月 22 日 a 2022 年 12月 31 日

Orario: Dalle 10:00 alle 23:59

主催 : イタリア文化会館-大阪

協力 : New Age Productions, Comune di Procida

入場 : 無料


Luogo:

IIC Osaka Eventi Online

1341