Questo sito usa cookie per fornirti un'esperienza migliore. Proseguendo la navigazione accetti l'utilizzo dei cookie da parte nostra OK

「Be-Archaeo物語 -科学と伝統のはざま- 」(島根県立古代出雲歴史博物館 企画展「出雲と吉備」コラボ企画)

日程:

07/10/2022


「Be-Archaeo物語 -科学と伝統のはざま- 」(島根県立古代出雲歴史博物館 企画展「出雲と吉備」コラボ企画)

島根県立古代出雲歴史博物館 企画展 「出雲と吉備」

コラボ展示 「Be-Archaeo物語 -科学と考古学のはざま- 」

 

開催期間:2022年10月7日(金)~12月4日(日)

場所:島根県立古代出雲歴史博物館

住所:島根県出雲市大社町杵築東99-4

 

主催:島根県立古代出雲歴史博物館、島根県古代文化センター

協力:岡山大学、イタリア文化会館-大阪

 

古代日本においてとりわけ重要な地域であった、吉備と出雲・大和。

弥生時代、それまでの青銅器祭祀から、墳ケ墓を舞台とする儀礼へと変化を遂げた変遷を表す出土品 「特殊土器」の分布はこの周辺に限られます。互いの交流から独自文化への発展、そして古墳時代後期以降の朝鮮半島との関係性を、トリノ大学協力のもと、古代(紀元6-7世紀)吉備地方にあたる岡山県総社市の鳶尾塚古墳発掘研究における新たな出土品と共に紹介します。

発掘調査は、考古学、物理学、化学、科学会及び博物館における高水準のマルチメディアプレゼンテーションに貢献を続けるEU マリー・キュリー財団の財政的支援のもと、トリノ大学及び、ナポリ考古学・民俗学国際研究所(IRIAE)のイタリア人、並びに岡山大学の日本人、リスボン大学のポルトガル人考古学者、科学者からなるインターナショナルチームと共に、国際的・学際的研究の一環として実施されています。

発掘調査結果は、展覧会カタログに加えて、イタリア文化会館-大阪監修特別版に掲載されており、鳶尾塚古墳発掘の経緯、考古学的見地や発掘現場並びに、「Be-Archaeo」プロジェクトチームの地質学、生物学、物理学、化学、地球物理学、古動物学、古植物学の研究室における先端技術が英語と日本語で紹介されています。

 詳しくはこちら

Informazioni

Data: DA 2022 年 10月 07 日 a 2022 年 12月 04 日

入場 : 有料


1372