このサイトでは、技術、分析、およびサードパーティの Cookie を使用しています。
閲覧を続けることで、Cookie の使用に同意したことになります。

環境設定 cookies

イベント情報

検索フォーム
Reset
終了した 土 10月 21 2023土 10月 21 2023
【ボローニャ歌劇場来阪記念講演会】 清原邦仁「名作オペラ【トスカ】の楽しみ方」

名作オペラ【トスカ】の楽しみ方 今秋、イタリア最高峰の歌劇場のひとつであるボローニャ歌劇場の管弦楽団/合唱団が来日し、11月12日(日)にフェスティバルホールで「トスカ」を上演します。 それを記念し、テノール歌手で関西歌 […]

続きを読む
終了した 金 10月 20 2023木 11月 30 2023
持続可能なイタリア語教育のために / フランチェスコ・ディオダート 【世界イタリア語週間】

従来の言語教育は、講義のプログラム、教科書、ノートなど大量の紙が必要となるため、持続可能的ではない傾向があります。 環境的な持続可能性として、テクノロジーがその助けとなるかもしれませんが、この講演の目的は、学習者の認知的 […]

続きを読む
終了した 水 10月 18 2023木 11月 30 2023
ビデオ講演会:「マンゾーニとアルノ川での洗濯 『婚約者』の言語」霜田洋祐【世界イタリア語週間】

世界イタリア語週間の機会に、主著『婚約者』を通じてイタリア語に大きな影響を与えたとされ、今年没後150周年でもある作家アレッサンドロ・マンゾーニの言語について紹介してみたい。マンゾーニは詩や韻文の悲劇を書いた詩人で、文学 […]

続きを読む
終了した 木 10月 12 2023日 11月 19 2023
ボローニャ歌劇場来阪記念 お料理キャンペーン

今秋、イタリア最高峰の歌劇場のひとつであるボローニャ歌劇場の管弦楽団/合唱団が来日し、11月12日(日)にフェスティバルホールで「トスカ」を上演します。 それを記念し、大阪府下の人気ボローニャ料理専門店のシェフたちが自慢 […]

続きを読む
終了した 木 10月 12 2023木 11月 30 2023
ボローニャ歌劇場からのご挨拶 / フルヴィオ・マッチャルディ総裁・オクサーナ・リーニフ音楽監督

  2023年秋、イタリア最高峰の歌劇場のひとつであるボローニャ歌劇場が来日します。 演目はふたつのイタリアオペラの名作:ヴィンチェンツォ・ベッリーニの「ノルマ」、ジャコモ・プッチーニの「トスカ」。日本ツアーのための新舞 […]

続きを読む
終了した 木 9月 28 2023日 11月 19 2023
ラ フィネストラ オーナーシェフ 平野 大介「エミリアロマーニャ風のラザニア(自家製ほうれん草のパスタとボロネーゼ)」/ボローニャ歌劇場来阪記念

今秋、イタリア最高峰の歌劇場のひとつであるボローニャ歌劇場の管弦楽団/合唱団が来日し、11月12日(日)にフェスティバルホールで「トスカ」を上演します。それを記念し、大阪のイタリア料理店のシェフたちに自慢のボローニャ料理 […]

続きを読む
終了した 水 9月 27 2023土 11月 18 2023
アルソード オーナーシェフ 村上 茂「コトレッタボロネーゼ」/ボローニャ歌劇場来阪記念

今秋、イタリア最高峰の歌劇場のひとつであるボローニャ歌劇場の管弦楽団/合唱団が来日し、11月12日(日)にフェスティバルホールで「トスカ」を上演します。それを記念し、大阪のイタリア料理店のシェフたちに自慢のボローニャ料理 […]

続きを読む
終了した 火 9月 26 2023日 11月 19 2023
Via del emme オーナーシェフ 前田 健一「猪肉のカネロニ」/ボローニャ歌劇場来阪記念

今秋、イタリア最高峰の歌劇場のひとつであるボローニャ歌劇場の管弦楽団/合唱団が来日し、11月12日(日)にフェスティバルホールで「トスカ」を上演します。 それを記念し、大阪のイタリア料理店のシェフたちに自慢のボローニャ料 […]

続きを読む
終了した 月 9月 18 2023月 9月 18 2023
大阪城・スフォルツェスコ城友好城郭提携1周年記念講演会

大阪市は、公益財団法人大阪国際交流センター、ミラノ市、イタリア文化会館-大阪と共に、令和5年9月18日(月曜日・祝日)に「大阪城・スフォルツェスコ城友好城郭提携1周年記念講演会」を開催します。 大阪市とミラノ市は昭和56 […]

続きを読む
終了した 日 9月 17 2023木 11月 30 2023
カルヴィーノの風景 自然の詩学と«見えない都市» - 生誕100周年に寄せて 【世界イタリア語週間】

生誕百年を機に、詩学を構想する企てのなかでカルヴィーノがどんなふうに風景を描いてきたのか、そしてその中間地点としてカルヴィーノがたどり着いた『見えない都市』という作品がカルヴィーノ全体の歩みのなかでどんな意味を持っている […]

続きを読む