このサイトでは、技術、分析、およびサードパーティの Cookie を使用しています。
閲覧を続けることで、Cookie の使用に同意したことになります。

環境設定 cookies

第15回京都ヒストリカ国際映画祭:『MONO』上映会/ヴェネチア・ビエンナーレ-ビエンナーレ・カレッジ・シネマ連携企画(2)

MONO

ヴェネツィア・ビエンナーレの映画部門によるプロジェクト「ビエンナーレ・カレッジ・シネマ」、京都ヒストリカ国際映画祭の人材育成プログラム「京都フィルムメーカーズラボ(KFL)」、イタリア文化会館-大阪の連携により、第15回京都ヒストリカ国際映画祭で、最新のイタリア映画2作品を上映します。

 

第15回京都ヒストリカ国際映画祭:

ヴェネチア・ビエンナーレ-ビエンナーレ・カレッジ・シネマ連携企画(2)

キアラ・トロイージ監督『MONO』(2022 / 14分)上映会*日本初上映 

[シアター上映] 2024年1月26日~28日 10:00~17:00

 

あらすじ

接触や介入ができないもどかしさから、主人公の内面を体験するー作家自身の経験がベースとなったVR作品

40代の一人の女性が、いつものように仕事から自宅に帰る。彼女はとても疲れていて、自動人形のようにタバコを吸い、テレビを見、作り置きの夕食を用意する。庭や自然と触れ合うことこそが、彼女の肉体的・精神的疲労をやわらげる瞬間なのだ。

監 督 キアラ・トロイージ

イタリア| 2022| 14min| 日本語字幕| EPICA FILM|

* 詳細はヒストリカ公式ホームページをご覧ください

©EPICA FILM

  • 主催: Kyoto Historica International Film Festival
  • 協力: IIC OSAKA