Istituto Di Cultura - Osaka

【Jazz Live】Enzo Favata Crossing Quartet in Osaka . 4月18日(木) 18:30開演 @ナレッジシアター(グランフロント大阪北館4F)

イベントスケジュール

ミラノ ジーニアス2019「Design Made in Osaka」
ミラノ ジーニアス2019「Design Made in Osaka」2019 年 1月 11 日 → 2019 年 4月 11 日

イタリア外務省の海外出先機関であるイタリア文化会館-大阪は、世界に80余あるイタリア文化会館のひとつとして、日本におけるイタリア文化の普及と日伊文化交流・友好の推進を目的として様々な文化事業を展開しています。このたび、その活動の一環として、イタリア文化会館-大阪の所在地である大阪市と、その姉妹都市であるミラノ市のさらなる交流を図るため、イタリア外務省が全世界で展開する『イタリアン・デザイン・デー』との連動企画『ミラノ...

Leggi tutto
『ミステーロ・ブッフォ』 フロンダ・アノマラ X ダリオ・フォ
『ミステーロ・ブッフォ』 フロンダ・アノマラ X ダリオ・フォ2019 年 4月 12 日

『ミステーロ・ブッフォ』は20世紀のイタリア演劇において、とりわけ1997年にノーベル文学賞を受賞したダリオ・フォにとって、最も代表的な作品の1つである。 題名に引用された「神秘」とは、様々なモノローグやヨーロッパ中世の演劇と現代世界の両方からヒントを得た場面へとアレンジされた幾つかの聖書の宗教的説話を、道化師的な観点で解釈した非常に愉快な表現にすぎない。 3人のイタリア人俳優が大阪で演じる『ミステーロ・ブッフォ』は、エネルギーあふれる、愉快で、感動的な公演であり、そこではサルデーニャ出身の女、ピエモンテ出身の男、ロンバルディア出身の男が出会い、フォーとその演劇を偉大にしたグラメロ(擬声語による創作言語)の手法を使いながら、それぞれ特有の方言で意思疎通をする。事実、この特殊な手法によって、観客は現実には一言もわからなくとも、行動の意味を理解することができる。劇団の目的はダリオ・フォーとフランカ・ラーメの作品のコピーを再提示することではなく、現代社会の必要性に束縛された新世代の声を彼らに吹き込み、彼らのスピリットを同化することなのである。 日時:4月12日(金)19:00開場 19:30開演 場所...

Leggi tutto
京都国際写真展2019/パオロ・ペレグリン写真展『Antarctica(南極大陸)』
京都国際写真展2019/パオロ・ペレグリン写真展『Antarctica(南極大陸)』2019 年 4月 15 日 → 2019 年 4月 22 日

イタリア文化会館-大阪は、京都国際写真展2019において、イタリア人写真家:パオロ・ペレグリンを紹介いたします。 会場の堀川御池ギャラリーの1階では、京都で撮り下ろした作品をその場でプリント・展示する制作プロセスを公開。2階ではNASAのプロジェクトに同行し、南極の温暖化現象を撮影した作品を展示します。 詳細は、こちらをクリック   パオロ・ペレグリン 1964年ローマ生まれ、ロンドン在住。ローマ・ラ・サピエンツァ大学で建築学を学んだ後、ローマの専門学校で写真を学ぶ。その後、フランスの「ヴュ」、イタリアの「グラツィア・ネリ」などの写真通信社を経て、2001年よりマグナムに参画し、2005年に正会員となる。1995年、ウガンダのエイズを取材した一連の作品が注目され、一躍世界各地で写真が発表されるようになる。その後も、ルーマニア、ボスニア、コソボ、カンボジア、アフガニスタン、イラクなどの紛争地なども幅広く取材しており、それらの作品は世界報道写真賞をはじめ、数々の賞を受賞している。9.11以降のイスラム世界を取材した作品でユージン・スミス賞(2006年)、レバノン紛争の作品でロバート・キャパ賞(2006年)を受賞。

Leggi tutto
ENZO FAVATA CROSSING QUARTET in OSAKA
ENZO FAVATA CROSSING QUARTET in OSAKA2019 年 4月 18 日

エンツォ・ファヴァータ クロッシング カルテット in 大阪 自身の故郷であるサルデーニャの民族音楽に、ジャズのインプロヴィゼーションや他国の民族音楽を取り入れた演奏を行うことで知られる、世界屈指のアルトサックス奏者:エンツォ・ファヴァータが、パスクアーレ・ミッラ(電子マリンバ)、ローザ・ブルネッロ(エレキベース)、UTガンディー(ドラム)という、現代イタリアと世界のジャズシーンを代表するアーティストたちを引き連れて来日!ユニークで魅力的なカルテットによる一期一会のジャズライブをどうぞお見逃しなく! 日時:2019年4月18日(木)...

Leggi tutto
かごしまの風と光とナポリ祭/ハトル・プレクトラム・カルテット  コンサート
かごしまの風と光とナポリ祭/ハトル・プレクトラム・カルテット コンサート2019 年 5月 03 日 → 2019 年 5月 04 日

鹿児島市とナポリ市の姉妹都市提携を祝い、毎年、開催されている『かごしまの風と光とナポリ祭』。 今年は、南イタリアの音楽を世界中に発信しているハトル・プレクトラム・カルテットが会場に駆けつけます。 (詳細は、追ってこのホームページでお知らせいたします。) どうぞお楽しみに。   <アーティスト紹...

Leggi tutto
ハトル・プレクトラム・カルテット コンサート in 神戸
ハトル・プレクトラム・カルテット コンサート in 神戸2019 年 5月 05 日

神戸北野美術館におけるイタリアのサンゴ展の関連イベントとして、南イタリアのバンド:ハトル・プレクトラム・カルテットのコンサートを開催します。 詳細は追って、このホームページでお知らせいたします。   <アーティスト紹介>ハトル・プレクトラム・カルテット(愛称HPQ)は、マンドリンやギターなど、ピック(Plectrum)や爪を使って弾く楽器の豊かなレパートリーを研究し、演奏することを目的に、2007年に結成された。バロックのソナタや、1800年代のイタリアとドイツの器楽音楽各派の研究・演奏からスタートした活動は、後に近代・現代音楽にまで広がり、現在は、南イタリアのナポリ文化圏に関する音楽に特に注力している。メンバーたちは、1800年代末から1900年代初頭にイタリアの職人たちによって手作りされた楽器を使用して、イタリア国内外の数多くのステージで演奏、高く評価されている。HPQの活動は、今日では、南イタリアが面する地中海の音楽を世界中へ届けるに至った。また、イタリアの人気バンド「マティア・バザール」の元ヴォーカル:アントネッラ・ルッジェーロをはじめ、パティ・プラーヴォ、アントニオ・マッジォなどの有名アーティストともコラボレーションしている。2013年にリリースされたHPQのクリスマスアルバム...

Leggi tutto