このサイトでは、技術、分析、およびサードパーティの Cookie を使用しています。
閲覧を続けることで、Cookie の使用に同意したことになります。

環境設定 cookies

ボローニャ歌劇場 プッチーニ「トスカ」大阪公演記念講座(連続講座②)

teatro–

~オペラ発祥の地イタリア 劇場とオペラの魅力~

今秋、イタリア最高峰の歌劇場のひとつであるボローニャ歌劇場の管弦楽団/合唱団が来日し、11月12日(日)にフェスティバルホールで「トスカ」を上演します。

それを記念し、ボローニャに関する連続講座 <来場+オンラインのハイブリット講座>を開催します。

16世紀後半~17世紀ごろにイタリアで誕生したオペラは、宮廷やサロンから専用の劇場で公演されるようになりました。

ミラノ・スカラ座、ボローニャ歌劇場など、豪華絢爛な世界が広がるイタリアの代表する歌劇場や、『椿姫』『アイーダ』『フィガロの結婚』『トスカ』など、オペラ代表作の見所もご紹介します。

 

ボローニャ歌劇場 G.プッチーニ「トスカ」上演記念 連続講座②

~オペラ発祥の地イタリア 劇場とオペラの魅力~

日時: 10月23日(月)  13時30分~14時45分

場所: 阪急グランドビル 30階 旅行説明会会場 (大阪市北区角田町8-47)/ オンライン

*会場とオンラインの同時開催ハイブリット講演会です

講師: 野田弓氏(阪急交通社専属添乗員)

料金:無料(要予約、下記より)

予約ページ:【グランドビル開催】/【オンライン講座】