このサイトでは、技術、分析、およびサードパーティの Cookie を使用しています。
閲覧を続けることで、Cookie の使用に同意したことになります。

環境設定 cookies

ボローニャ歌劇場からのご挨拶 / フルヴィオ・マッチャルディ総裁・オクサーナ・リーニフ音楽監督

Sig. Macciardi

 

2023年秋、イタリア最高峰の歌劇場のひとつであるボローニャ歌劇場が来日します。
演目はふたつのイタリアオペラの名作:ヴィンチェンツォ・ベッリーニの「ノルマ」、ジャコモ・プッチーニの「トスカ」。日本ツアーのための新舞台装置を用い、ボローニャ歌劇場音楽監督のオクサーナ・リーニフとベッリーニ劇場芸術監督のファブリツィオ・マリア・カルミナーティの演出で上演します。

イタリア文化会館-大阪は、このボローニャ歌劇場日本ツアーの関西での2公演を支援しています。

 

2023年に開場260周年を迎えたボローニャ歌劇場から、フルヴィオ・マッチャルディ総裁と、オクサーナ・リーニフ音楽監督が日本の皆様にご挨拶し、上演する2つの演目を紹介します。

 

動画のご視聴はこちら

 

来日公演キャスト
<ノルマ>
指揮:ファブリツィオ・マリア・カルミナーティ
ノルマ:フランチェスカ・ドット
ポリオーネ:ラモン・バルガス
アダルジーザ:脇園 彩
オロヴェーゾ:アンドレア・コンチェッティ

 

<トスカ>
指揮:オクサーナ・リーニフ
トスカ:マリア・ホセ・シーリ
カヴァラドッシ:マルセロ・アルバレス
スカルピア:アンブロージョ・マエストリ

  • 主催: IIC OSAKA
  • 協力:協力: Teatro Comunale di Bologna