Istituto Di Cultura - Osaka

冬期講座2023 1月12日から冬期講座がスタートします!

イベントスケジュール

IIC Osaka EVENTI ONLINE
IIC Osaka EVENTI ONLINE2020 年 5月 06 日 → 2024 年 12月 31 日

イタリア文化会館-大阪のイベント特設サイトへようこそ。 イタリア文化会館-大阪は、イタリア外務・国際協力省の海外出先機関として、日本におけるイタリア文化の普及と日伊友好・交流の促進を主な目的として活動しています。 その活動の一環として、イタリア人アーティストを招聘し、演奏会・展覧会・映画上映会・演劇公演など様々な文化催事を開催しています。 このサイトは、現在のように人が集まるイベントを開催することが困難な時期であっても、イタリア文化の普及を中断することなく、日伊間の友情を深めていこうと開設されました。 今も、これまでにイタリア文化会館-大阪が招聘したイタリア人アーティストや今後の招聘を検討中のアーティストたちから日本の皆さまへ寄せられた様々なビデオメッセージやパフォーマンスが届いています。 "La...

Leggi tutto
エンツォ・アヴィタービレ『アコーステォイック・ワールド』
エンツォ・アヴィタービレ『アコーステォイック・ワールド』2022 年 2月 22 日 → 2022 年 12月 31 日

プローチダ 「イタリア文化首都2022」記念 WEBコンサート イタリア南部のナポリ湾に浮かぶ小さな島「プローチダ」(イタリア・カンパニア州ナポリ県)が2022年の「イタリア文化首都」になりました。それを記念し、ナポリ出身のサックス奏者/シンガーソングライター/作曲家のエンツォ・アヴィタービレの独占WEBコンサートをお届けします。 プローチダは1994年の大ヒット映画『イル・ポスティーノ』の舞台となった、カラフルな家が立ち並ぶ漁業の島で、近年では観光にも力を入れてきました。日本でも日本旅行業協会(JATA)の「ヨーロッパの美しい村30選」に選ばれたり、JAXA宇宙飛行士の野口聡一さんのTwitter上で、宇宙から撮影したプローチダ島の写真とともに「ネコの形をした島」「ナポリ湾の宝石」として紹介されたりしました。 WEBコンサートの視聴は、こちらをクリックしてください。    出演エンツォ・アヴィタービレ(ヴォーカル/サックス他)エミディオ・アウシエッロ(パーカッション)ジャンルイージ・ディ・ファエンツァ(ギター)   エンツォ・アヴィタービレ1955年3月1日ナポリ生まれのサックス奏者/シンガーソングライター/作曲家。幼くしてサックスを始め、7歳で初めて人前で演奏。その後、ナポリ音楽院をフルートで卒業。アヴィタービレの最初のレコーディング経験は、ピーノ・ダニエレの1stアル...

Leggi tutto
【Grandi amici dell'Italia - File #1】安藤忠雄「イタリアの文化力」
【Grandi amici dell'Italia - File #1】安藤忠雄「イタリアの文化力」2022 年 3月 23 日 → 2023 年 3月 22 日

“GRANDI AMICI DELL’ ITALIA”(イタリアの偉大な友達)は、各界で活躍する偉大な日本人マエストロたちが、イタリアとの個人的な関係を語る、新しいビデオトークシリーズです。イタリアはそれぞれが身につけたこと、体験したこと、ひらめいたことが交差し、相互作用する場所です。 今回、現代日本建築界最大の巨匠:安藤忠雄先生がご講演をご承諾くださいました。   「家に住むということは、便利さだけでなく魂の問題でもあります。家は心の住処で、心は神様のいるところだからです。」   安藤忠雄 現代日本建築界最大の巨匠。1941年大阪生まれ。少年期に抱いた関心から建築を始め、1969年に安藤忠雄建築研究所設立。それ以来、世界中にある数多くの代表作の中に、そして、シンプルな形と禅の厳かな雰囲気や空間を感じさせるセメントの外観の中に、紛れもない足跡を残している。 安藤忠雄が獲得した賞やタイトルは枚挙に遑がない。その中には、日本建築学会賞(1979年)、日本芸術院賞(1993年)、プリツカー賞(1995年)、国際...

Leggi tutto
WEBコンサート『ベネデット・ルーポ ピアノリサイタル』
WEBコンサート『ベネデット・ルーポ ピアノリサイタル』2022 年 5月 09 日 → 2022 年 12月 31 日

イタリア文化会館-大阪はCIDIMの協力のもと「同世代のアーティストの中でも屈指の才能を持つ」と評されるピアニスト:ベネデット・ルーポのWEB演奏会を企画しました。 ▶視聴はこちら:https://eventionline.net/artist_video/s264/ ベネデット・ルーポは、1989年、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで世界中の注目を集め、それをきっかけに、イヴ・アベル、ウラディーミル・ユロフスキ、スタニスラフ・コチャノフスキー、ベルナール・ラバディ、フアンホ・メナ、ケント・ナガノといった有名な指揮者の招待で、フィラデルフィア管弦楽団、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニック、ボルティモア交響楽団、モントリオール交響楽団、シアトル交響楽団、バンクーバー交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、ハレ管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、スペイン国立管弦楽団、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団、リエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団等の欧米の主要オーケストラと共演。 精力的に演奏活動を展開し、リンカーン・センター(ニューヨーク)、サル・プレイエル(パリ)、ウィグモア・ホール(ロンドン)、ベルリン・フィルハーモニー(ベルリン)、パレス・オブ・ファインアーツ(ブリュッセル)等の世界の主要ホールや、タングルウッド音楽祭、イスタンブール国際音楽祭、エネスク国際フェスティバル(ブカレスト)、チボリ・フェスティバル(コペンハーゲン)等の国際フェスティバルにも定期的に出演している。2018-19シーズンのハイライトの中では、RTVE交響楽団(マドリッド)との初舞台や、マントヴァ室内管弦楽団とのコンサートツアーでサリエリ、モーツァルト、ベートーヴェンを演奏したこと、ラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」を演奏し大喝采を浴びたロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とのコンサート、ドビュッシーの100周忌にワシントンのナショナルギャラリーで開催された演奏会をはじめ、イタリア国内外で開催されたドビュッシーに捧げるモノグラフィックリサイタルが記憶に残る。カナダのル・デヴォワール紙は「ベネデット・ルーポのドビュッシー・リサイタルは、官能的で絶対的に卓越したサウンドの音楽体験」、ワシントンポストは「ルーポの解釈・演奏は、予測可能性や単調なルーティンから解き放たれた完全に個人的なものであり、瞑想的で新鮮だ。演奏会全体を通して、聴衆は、音楽を演奏するための最良の方法が供えられた恍惚の沈黙の中で彼の演奏を聴いた」と報じた。さらに、2019年、ルーポは、ミラノ・カルテット・ソサエティや、スタニスラフ・コチャノフスキーが指揮するサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団に戻った。欧米の多数のラジオ、テレビの収録に加え、TELDEC、BMG、VAI、NUOVA...

Leggi tutto
【Grandi amici dell'Italia - File #3】新宮晋「私とイタリア」
【Grandi amici dell'Italia - File #3】新宮晋「私とイタリア」2022 年 5月 18 日 → 2022 年 12月 31 日

新宮晋-風と水の彫刻家- “GRANDI AMICI DELL’ ITALIA”(イタリアの偉大な友達)シリーズの第3弾となる今回は、世界各地に動く彫刻を設置している彫刻家:新宮晋氏を迎える。 同氏は、1960年代初頭、イタリア政府奨学金を受けてローマの国立美術学院に留学し、画家のフランコ・ジェンティリーニ氏の指導のもとイタリア文化・芸術探究の道を歩み始める。そして今日、日伊両文化の重要な生き証人の一人となる。 早くより、イタリアルネサンスの彫刻や大きな建造物、特にレオナルド・ダ・ヴィンチの研究に向かい、それを土台に、風・水・重力といった自然エネルギーで動く彫刻で独自のスタイルを確立。 新宮氏の彫刻(モニュメントおよびシリーズ作品)は、常に自然エネルギーとのダイナミックな対話の中で均衡と不均衡の遊びを作り、空間と質量の関係を再構築する。 新大陸発見500周年記念の「コロンブスの風」(ジェノヴァ)からリンゴットの「雨の軌跡」(トリノ)まで、イタリアにある数多くの作品が新宮氏とイタリアの密接な関係を表している。それらの作品は、しばしば彼とコラボレーションし、強い友情で結ばれている建築家:レンゾ・ピアノ氏の建築プロジェクトの中に組み込まれている。その中に関西国際空港の「はてしない空」も含まれる...

Leggi tutto
イタリア~多彩なマンドリンの世界~(シチリア編)
イタリア~多彩なマンドリンの世界~(シチリア編)2022 年 8月 25 日 → 2022 年 12月 31 日

マンドリン文化について語るプログラム(全9話)。イタリア各地を舞台に、マンドリンの歴史や逸話を通して、その伝統を称えるドキュメンタリーシリーズ。今回はシチリアを訪ねる。 ▶視聴はこちらをクリックください カルロ・アオンツォ世界的に有名なサヴォーナ出身のイタリア人マンドリン奏者。1993年、パドヴァ音楽院卒業。これまでに、ミラノ・スカラ座フィルハーモーニー管弦楽団(イタリア)、ナッシュヴィル室内管弦楽団(アメリカ)、マギル室内管弦楽団(カナダ)、サンクトペテルブルク・フィルハーモニア(ロシア)、ミンスク室内楽ソロイスト(ベラルーシ)等の著名な楽団と共演、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン音楽フェスティバル(ドイツ)等の有名な国際フェスティバルへの出演もしている。2001年には、ヴァチカン市国にて、「ピッツィコ・リグーレ・オーケストラ」を率いてローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の前で演奏。1993年、ピッツィアンティ国際音楽コンクール(イタリア)で第一位ならびにヴィヴァルディ特別賞を受賞。1997年、ウォールナットヴァレー国際マンドリンコンテスト(アメリカ)第一位受賞等、多数の受賞経験を持つ。アメリカ・クラシック・マンドリン協会(CMSA)、オーストラリア・マンドリン・アンサンブル連盟(FAME)、ヨーロッパ・ギター・マンドリン協会(EGMA)に度々招聘されているほか、サイゴン国際ギターフェスティバル(ベトナム)、大阪国際マンドリンフェスティバル(日本)、クワハラヤスオコンクール(ドイツ)、ソロ・マンドリン・コンクール(イタリア)の審査員を務める。世界中でセミナーやワークショップを開催。2000年よりニューヨークで(2017年からはミルウォーキーで)1年コースのマンハッタン・マンドリン・ワークショップを開催。2006年にAccademia...

Leggi tutto
大川-ポルデノーネ姉妹都市提携35周年記念WEBコンサート『アンツォヴィーノ&ファセッタ ライブ』
大川-ポルデノーネ姉妹都市提携35周年記念WEBコンサート『アンツォヴィーノ&ファセッタ ライブ』2022 年 9月 19 日 → 2023 年 3月 31 日

本日、2022年9月19日、大川市とポルデノーネ市は姉妹都市提携35周年を迎えました。それを記念し、大川・ポルデノーネ両市の協力のもと、世界で活躍するポルデノーネのアーティスト:レモ・アンツォヴィーノ(ピアノ)とジャンニ・ファセッタ(アコーディオン)によるWEBコンサートをお届けします。このWEBコンサートには、ポルデノーネの美しい街の風景映像が挿入されるほか、木工家具で知られる両市市長の友好の挨拶が含まれます。 ▶コンサートの視聴はこちらをクリックください。   出演レモ・アンツォヴィーノ(ピアノ)ジャンニ・ファセッタ(アコーディオン) レモ・アンツォヴィーノ1976年ポルデノーネ生まれ。幼くしてピアノを始め、すぐに作曲と楽器編成法の知識を深めた。24歳でボローニャ大学法学部を卒業、刑事弁護士となる。映画音楽、テレビ番組のサウンドトラック、CM音楽など、その活動は多岐にわたり、国内外で高い評価を受けるとともに、現代音楽界でもっとも革新的な作曲家、ピアニストと考えられている。2016年よりヤマハ・ミュージック・ヨーロッパのアンバサダー・アーティスト。ピアノソロとしての初めてのアルバムは、2006年にリリースした「Dispari」で、その後、「Tabù」(2008)、「Igloo」(2010)、「V...

Leggi tutto
「Be-Archaeo物語 -科学と伝統のはざま- 」(島根県立古代出雲歴史博物館 企画展「出雲と吉備」コラボ企画)
「Be-Archaeo物語 -科学と伝統のはざま- 」(島根県立古代出雲歴史博物館 企画展「出雲と吉備」コラボ企画)2022 年 10月 07 日 → 2022 年 12月 04 日

島根県立古代出雲歴史博物館 企画展 「出雲と吉備」 コラボ展示 「Be-Archaeo物語 -科学と考古学のはざま- 」   開催期間:2022年10月7日(金)~12月4日(日) 場所:島根県立古代出雲歴史博物館 住所:島根県出雲市大社町杵築東99-4   主催:島根県立古代出雲歴史博物館、島根県古代文化センター 協力:岡山大学、イタリア文化会館-大阪   古代日本においてとりわけ重要な地域であった、吉備と出雲・大和。 弥生時代、それまでの青銅器祭祀から、墳ケ墓を舞台とする儀礼へと変化を遂げた変遷を表す出土品 「特殊土器」の分布はこの周辺に限られます。互いの交流から独自文化への発展、そして古墳時代後期以降の朝鮮半島との関係性を、トリノ大学協力のもと、古代(紀元6-7世紀)吉備地方にあたる岡山県総社市の鳶尾塚古墳発掘研究における新たな出土品と共に紹介します。 発掘調査は、考古学、物理学、化学、科学会及び博物館における高水準のマルチメディアプレゼンテーションに貢献...

Leggi tutto
ビデオ講演会 " Come programmare i corsi di italiano per giovani? "2022 年 10月 21 日 → 2022 年 12月 31 日

  第22回世界イタリア語週間  特別後援:イタリア共和国大統領 「青少年のイタリア語」   「世界イタリア語週間」はイタリア語のさらなる普及を目的に、イタリア外務・国際協力省が毎年10月に全世界で展開するイベントで、第22回を迎える今年のテ...

Leggi tutto
ビデオ講演会 「パゾリーニと若者話し言葉」2022 年 10月 21 日 → 2022 年 12月 31 日

  第22回世界イタリア語週間  特別後援:イタリア共和国大統領  「青少年のイタリア語」   「世界イタリア語週間」はイタリア語のさらなる普及を目的に、イタリア外務・国際協力省が毎年10月に全世界で展開するイベントで、第22回を迎えます。 今年の...

Leggi tutto